ピンからキリまで色々あります!コピー機
業者情報満載です

コピー機の種類について

コピー機は今では家庭内でも活躍するようになった万能な機械になってきました。それに伴い、家庭内用プリンタやオフィス用のプリンタなどに製品も分かれてきました。家庭内ではインクジェット方式を推奨されます。本体が低価格で手が出しやすいのが特長です。印刷スピードが遅いのでオフィス用としては不向きとなっています。オフィス用には、レーザー方式が推奨されています。レーザーの熱で文字を定着させていく方法で、印刷スピードが早いので、1度に大量の印刷が必要になりやすいオフィスで用いられています。消費電力が高いため、家庭内では不向きな作りとなっています。この他にも感熱式やドット式など様々な種類があり、それぞれ用途に合わせて使いやすいように設計されています。同じ種類の中にも、製品によってさらに特長が違ってくるので、数多くのコピー機から用途に合ったぴったりの製品を選ぶことが出来ます。

コピー機の利用について

最近のコピー機には様々な特徴があります。複合機となっているものが多く、実際に利用をしている企業も多くなっています。性能もかなり高くなっているということがあるので、どういうものが適しているのかと言うことをチェックしてみるのもいいかもしれません。購入をしなくてもリースをすることが出来るということもあるのです。リースでの対応というのは、コスト面でもどうなっているのかと言うことを確認しなければいけません。コピー機1台あれば様々なことを行うことができるようになるということもあるので便利なのです。場所も1ヵ所確保をすればいいだけとなっているので、スペースに困るということもなくなってきているのです。機能性で選択をすることも可能となっているので、中々便利なものも多くなってきているのです。必要な機能で選択することも可能です。

コピー機の開発と実用化の歴史

私たちが仕事をするときに複合コピー機はなくてはならない存在ですよね。印刷、コピー、スキャン、FAX等多くの機能が使えます。この当たり前のように使っていますが、どのように誕生したのでしょうか。事務用の複写機として一般的に使われ始めたのは、1779年にイギリスの発明家ジェームズ・ワットが発明したものが最初でした。彼はインクが裏まで染み込みやすい薄めの紙を使って、その紙から別の紙に書かれている内容を転写する手法を考案し、実用化しました。その後、1951年にドイツで感光紙の性質をいかしたジアソ式複写機が開発されました。これは現像液を塗る必要があったので、転写された紙は湿っているのが特徴でした。そして、1938年にアメリカでPPC複写機を開発され、改良が加えられた結果、世界初の事務用コピー機が誕生しました。このPPC複写機は普通の紙が使えて、両面刷りや拡大、縮小ができるというように、今私たちが使っているものとほぼ同じ性能を備えており、多くの企業がこの技術を基本として開発を進めたため、現在の複写機の主流になっていきました。コピー機にこのような歴史があったなんて知らなかったですね。


Posted by admin on 9月 2nd, 2014 :: Filed under

Leave a Reply

Type your comment in the box below:

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)