ますます向上している自宅パソコン一体化コピー機

いまや、普段自宅でパソコンを使っている人々の多くはコピー機と一体化して使用されているかと思われます。私もその一人ですが、日常のあらゆることに重宝に使わさせて頂いています。例えば、ワード・エクセルで作った書類、デジカメで撮った写真、年賀状、ネット検索で得た各種書類等々です。私がいま使っているものは3台目になります。そのコピー機本体の形状や操作用ディスプレーの使い勝手の良さ、各種操作機能、仕上がり鮮明度等ますます向上してきており、利用者にとっては大変有り難いことです。ただ、業務用と比較すると、現時点ではA2サイズ以上のものがコピーできないことが難点かもしれません。この場合は、コンビニ等に設置されているコピー機を使わせて頂くことになりますが、日常の利用範囲においてはほとんど問題ありません。最近では3Dといわれる立体プリンターも出回ってきており,想像するだけでも楽しいです。

コピー機はしっかりしたものを買おう。

コピー機ならどれも変わらないと思って、適当に選んでいる人が多いと思います。しかし、私は多少値段が高くても高スペックのものを購入しています。なぜかと言うと、高スペックのもの方が当然、印刷が綺麗ですし、細かいところまでしっかりと印刷されるからです。さらに故障も少ないですし、インクの減り方も高スペックのものの方が少し遅いです。このような理由から、多少値段が高くても、メリットを考えると低スペックのものより、コストパフォーマンスが良いと私は思うので、高スペックのものを選ぶようにしています。しかし、私はコピー機をよく使用するからこのような選択をしています。あまり利用しない人は、逆に低スペックのもので、値段が安いのを選んだ方が良いと思います。ですから、自分の使用頻度に応じてコピー機を選ぶことが一番大切だと思います。

無駄遣いをしないようなコピー機の使い方

コピー機はたいていの職場にあるものです。仕事上、必須と言えますが、便利だからこそ、必要以上に使ってしまうことがあります。コンビニなどで利用すると1枚いくらというように、使い過ぎを防げるような料金体系が整っているので分かりやすいものの、社内で利用するとなると料金は要りません。だからこそ、無駄遣いの対象となってしまいます。無駄遣いをなくすためには、試し取りをすることです。ミスコピー用紙の裏面を使うようにします。キレイに取れたら本番ということになります。これで随分と無駄遣いをなくすことができるはずです。また、大量に一気にコピーするという場合、途中で間違ってしまわないようにするためにも、取り方をしっかり確認しておくことが大事です。このように、一つ一つ事前に把握しておくだけでも、無駄遣いをなくすことができ、コスト削減に繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*